ひといきブログ

技術的な備忘やデジモノレビュー等、ちょっとひといき

Oracle Traffic Director 12.2.1.1 (OTD) サイレントでAdminServer&ドメイン作成

はじめに

先日のサイレントインストールに引き続いて、今度はサイレントでAdminServerとドメインを作成しようと思います。
camit.hateblo.jp

準備

AdminServer&ドメイン作成用のWLSTスクリプトを作成します。
WLSTとはWebLogic Scripting Toolの略で簡単に言うと、コマンドラインで設定できるツールです。
WLSTスクリプトは、基本Python形式で作成します。Pythonに触れたことない人も触れたことある人も、お手軽に作れます。
ではさっそくサイレントAdminServer&ドメイン作成用のスクリプトです。

スクリプトは下記の情報で作成してあるので、適宜変更してください。

ログインユーザー weblogic
ログインパスワード weblogic1
リッスンアドレス 全て
リッスンポート 7001
ドメイン camit
ドメインホーム /opt/oracle/otd12.2.1.1/user_projects/domains/camit

ドメイン作成

先ほど作成したスクリプトをWLSTに流して、ドメインを作成します。

/opt/oracle/otd12.2.1.1/oracle_common/common/bin/wlst.sh createDomain.py

エラーが出力されなければAdminServerとドメインの作成完了です。

OTD起動

あとは起動すれば、ブラウザから各種設定できるようになります。
起動はシェルスクリプト等にしておくと後々楽だと思います。

nohup.outとかにエラーとかShutdownとかの文字が出力されていなければ起動されているはずです。
netstat -ant 7001とかで確かめてもいいかもです。

あとはブラウザからhttp://[リッスンアドレス]:[リッスンポート]/emにアクセスすれば、下記のような画面が出ると思います。
ユーザー名/パスワードにweblogic/weblogic1を入れてサイン・インを押せば、あとは思いのままに。
f:id:camit:20161021002141p:plain

思いのままに。とは言ったものの、このままではインスタンスも何もないので何もできません。
次回はひとまず使えるようになるまでを作っていこうと思います。